トピックスTopics

奨学金受給者からの感謝の声

奨学金を受給した学生・生徒から、ご支援をいただきました皆様へ感謝の声が届いております。

1 ⃣ 大学・短期大学部

大学 文学部 日本語日本文学科 2年
 私は、高校生の時から高等学校の国語科教諭になることを目指しています。国語についての専門知識や教育に関する知識を習得し、高等学校一種免許(国語)を取得した上で、教職に就くに足る力を身につけることが私の在学中の目標です。また、教職に就く際、国語全般について幅広い知識を身につけ、国語を教えるのに十分な力をつけたり、特に興味のある文学についての知識や理解を深めたりしたいとの思いから日々勉学に励んでいます。
 しかし、母子家庭となり経済的に困窮し、私は学費を捻出するためにアルバイトに勤しむことが多くなりました。そのため思うように勉強に時間を割けないことも多々ありました。
 そんな折、武庫川学院創立80周年記念特別奨学に奨学生として採用していただきました。その結果、アルバイトに費やす時間を減らし、以前よりも多くの時間を勉学に充てることが出来るようになりました。今私が学業に専念できるのも、寄付してくださったたくさんの方々のおかげです。皆様に心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

大学 文学部 日本語日本文学科 3年
 このたびは奨学金の寄付をありがとうございます。
 おかげさまで、この1年無事に大学に通うことができました。今年度はゼミ研究で初めて書道にふれ、とても有意義で実りのある1年となりました。4月のころは、書道に関しては初心者で、1つ作品を書くだけでも、せいいっぱいでした。しかし現在ではすらすらと書きあげることができるようになりました。書道により、学校生活が充実しているため、毎日楽しく学校に通わせていただいております。
 また、ゼミだけではなく就職活動のための準備期間としても意義のあるものとなりました。自らの強みや性格を分析する授業や、コミュニケーションやグループワークを学ぶ授業などそのためのカリキュラムが充実していたため、より人間的にも成長できた1年になれたと思います。
 最後になりますが、本当にありがとうございました。

大学 文学部 日本語日本文学科 3年
 このたび奨学金のご支援をいただきまして、誠に感謝しております。ありがとうございます。
 私は、片親にも関わらず私立の武庫川女子大学へと進学して、中学校・高等学校の教師になるため、そして小さい頃からずっと学びたかった日本の文学、そして和歌の勉強をしております。現在では奨学金のご支援のおかげで、勉学、就職活動と忙しい中で、アルバイトの時間を少し減らしても生活することができ、勉学の方に集中して取り組むことができております。もちろんアルバイトもしっかりと取り組んではおりますが、奨学金をいただいたことで、自分の中に少し余裕ができ、以前より一層、深い学びができていると感じています。
 これからは社会の立派な一員となり、早くみなさんの力になれるように、会社の方に務めていきたいと考えています。教師と迷う気持ちもあったのですが、就職活動を通じて、まだまだ自分の知らない職業があったことに驚き、自分の将来について何度も見つめなおしました。この就職活動が行えて、視野が広がったこともみなさんのおかげだと私は考えています。
 最後になりますが、ご支援をくださった全ての方に心からお礼申しあげます。

大学 文学部 日本語日本文学科 3年
 この度は武庫川学院創立80周年記念特別奨学生に採用していただき、誠にありがとうございます。私は、より深く日本の文学や言葉の成り立ちを学びたいと思い、武庫川女子大学文学部日本語日本文学科に入学いたしました。学科特有の資格取得にも興味を抱き、図書館司書や博物館学芸員、日本語教員など、大学の講義で学ぶことのできる専門的な分野の学習も積極的に取り組んでおります。こうして学びたいと思う勉学に勤しむことができるのは両親の経済的援助と奨学金制度のおかげに他なりません。今、大学生として吸収できる知識・学びを存分に得て、次は私が、学生や生徒たちの活躍を応援・支援することができるように、社会に貢献できる人間を目指してまいります。
 最後になりますが、ご支援してくださった全ての方々に重ねて深くお礼申し上げます。

大学 文学部 英語文化学科 4年
この度は武庫川学院創立80周年記念特別奨学生に採用していただき、誠にありがとうございました。今年の春から就職活動を本格的に始め、また卒業に向けて卒業論文の作成を進めて参りました。企業の面接が授業と重なってしまったり、卒業論文に苦戦し、アルバイトをして学費に充てることが難しい状況にありました。そのようななかで奨学金をご支援いただいたことで、精神的な余裕もでき、試験練習に専念した結果、無事に内定をいただくことができました。また、卒業論文は今現在かなり完成に近付いており、冬季休暇中にも作成を進め、自分で納得できるものを完成させたいです。
 今年度で最後になる学生生活を悔いの残らぬよう、勉学に励みつつ、友人との時間も大切にして過ごしたいと考えております。また、来年度からは武庫川女子大学の卒業生として恥ずかしくないよう、新社会人として社会や企業に貢献して参ります。  この度のご支援、ほんとうにありがとうございました。

大学 文学部 教育学科 3年
 この度は、武庫川学院創立80周年記念特別奨学金奨学生に採用していただき、誠にありがとうございます。
 私の家は母子家庭で、少しでも母の経済的負担を減らしたいと思い、応募させて頂きました。この奨学金は学費に使わせて頂きました。奨学生に採用されたことで、学習に対する意識も高まり、何事にも前向きな気持ちで取り組んでいます。  私は小学校教諭を目指し、武庫川女子大学文学部教育学科に入学しました。私はこれから教育実習を通して学んだことを活かし、来年の教員採用試験に合格できるよう、より一層勉学に励みたいと思います。
 最後になりましたが、ご支援してくださった全ての方々に心よりお礼申し上げます。

大学 文学部 教育学科 3年
 この度は、武庫川学院創立80周年記念特別奨学生に採用していただき、誠にありがとうございます。私は、これからの社会を生きていく未来ある子どもたちのため、また、その子どもたちの母親である働く女性の力になりたいと思い、保育士になるという道を選びました。なぜ、働く女性の力になりたいのかと言うと、私自身母子家庭で育ったからです。私が小学5年生のときに両親が離婚してから、母親は1日中働き、私に美味しいご飯を食べさせてくれました。そんな母親への尊敬と感謝を込めて、将来の目標をたてました。
 しかし、母子家庭である私には、学費を支払えるほどの余裕がありませんでした。母親に負担をかけたくないので、自分のアルバイト代や貸与奨学金を学費に充てていました。ですが、今回の奨学制度のおかげで無理にアルバイトをする時間が減り、その分母親と過ごせる時間と勉学に集中して取り組める時間が増えました。
 これからもご支援くださった皆様への感謝を忘れず、将来の夢を叶えるためにより一層勉学に励んでいきます。本当にありがとうございました。

大学 文学部 教育学科 3年
 この度は武庫川学院創立80周年記念特別奨学に採用していただき、ありがとうございます。
 私は、文学部教育学科で幼稚園教諭になることを目指し、日々勉学に励んでおります。幼稚園教諭になるためには様々な専門的知識を身に付けたり、机上だけではなく教育実習で実際に幼児と接したり、教師が幼児や保護者に対してどのような関わり方をしているのかを観察する必要があります。特に教育実習では大学での学びでは気付くことができなかったことをたくさん学び、吸収することができました。
 私の家庭は母子家庭のため、日々一生懸命働いてくれている母にできるだけ負担をかけないようにと考えています。そのため、学費を主に奨学金で賄っており、今回の武庫川学院創立80周年記念奨学も学費として使用させていただきました。
 これからも周りのたくさんの人から支えていただいて学生生活を送ることができていることを忘れず、立派な幼稚園教諭になれるよう頑張りたいと思います。
 寄付をしてくださった方々に重ねてお礼申し上げます。ありがとうございました。

大学 健康・スポーツ科学部 健康・スポーツ科学科 3年
 私には兄弟がおり、弟が私立大学生であり、父は自営業で、母もパートで働いており、私もアルバイトをして、日本学生支援機構からの奨学金をいただいているのですが、まだまだ資金が足りず、出願いたしました。
 私は短期大学部から編入しました。その際、単位をあまり持ち上げる事ができず、授業数が以前より増えました。しかし、武庫川学院創立80周年記念特別奨学をいただいたことで、アルバイトの時間を少し減らし、学習時間を増やす事ができました。学習時間を増やすことができたことがあり、3年の前期ではGPA3.78を取ることができました。
 武庫川学院創立80周年記念特別奨学をいただけた事で、資金の事を気にしすぎることなく、学習時間を増やすことができ、本当に助かりました。ありがとうございました。

大学 健康・スポーツ科学部 健康・スポーツ科学科 4年
 この度は、奨学金のご支援をいただきまして、誠に感謝しております。
 奨学金のご支援のおかげで、学費の支払いにあてることができて、現在は学業に充実して取り組むことができています。
 今後、立派な社会人として自立できるよう、一層努力を行っていこうと思っております。
 最後になりましたが、ご支援をくださった全ての方々に心よりお礼申し上げます。

大学 生活環境学部 生活環境学科 3年
 この度は、特別奨学生に採用していただきましたこと、支援いただきましたこと、誠にありがとうございます。支援いただきました奨学金は、学費の一部として使わせていただきました。母子家庭である私たちにとって、非常にありがたく、母親を助けることができ、本当にうれしいです。
 今年は私にとって大きな挑戦の年でありました。2回生後期から3回生後期頃まで大環副幹事長、委員会に所属し、1年間の任務を果たしました。又、文化祭で開かれる大環・短生、最大イベントファッションショーのサブリーダーに立候補しました。1つのチームを作り上げる大変さや達成感を味わうことができ、前に立つことが苦手な私にとって大きな成長でした。衣装制作の楽しさや好きなことができることに幸せと感謝の気持ちでいっぱいです。
 現在、私はブライダル業界に興味があります。夏休みには現場実践できるインターンシップに10日間参加しました。又、ゼミでも、ウェディングドレスに関する研究を行っています。他にもTESやTA1級、中学校・高等学校教諭一種免許状(家庭)を目指しています。引き続き、興味あることに全力で取り組んでいきます。

大学 生活環境学部 生活環境学科 3年
 この度は、経済的理由により学業の継続が困難な学生への奨学金を寄付して下さり、誠に有難う御座います。感謝の言葉を申し上げます。寄付して下さっている方々のおかげで、今私はこのように日々勉学に励むことが出来ています。本当に有難う御座います。
 これからも、奨学金を寄付して下さっている方々への感謝の気持ちを忘れずに、勉学に励んで参りたいと思っている所存です。この御恩は一生忘れません。また、このように寄付していただいたことにより、学業の継続を助けてもらったという経験から、将来自分も同じように学業の継続が困難な学生を支援出来るような大人になりたいと改めて思いました。
 寄付して下さった奨学金は、すべて学費に使用するつもりです。勉学に対してよりいっそう身が引き締まる思いです。卒業まで勉学はもちろん何事にも全力で努めて参ります。
 本当に有難う御座いました。

大学 生活環境学部 生活環境学科 3年
 この度は、武庫川学院創立80周年記念特別奨学に採用していただき誠にありがとうございます。ご支援してくださる皆様のおかげで、私は武庫川女子大学という最高の環境で勉学に励むことができます。私は、地方出身なので、大学1年生の時から、親元を離れて生活しておりますが、母子家庭ということもあり、母親から、学費・生活費の支援は、ありません。そのため、貸与型の奨学金を多く借り、アルバイトもしながら、学費と生活費を賄わなければいけなくなり、勉学にあてる時間が、十分にありませんでした。しかし、今回、武庫川学院創立80周年記念特別奨学に採用していただいたことにより、生活に余裕ができ、将来自分のやりたいことを見つけるための時間を得ることができました。私は、将来、人のために働きたいと考えています。そのためには、資格取得やボランティア活動などが重要なのだと考え、奨学に採用していただいたことにより、お金にも、時間にも余裕ができたので、様々なことに挑戦することができました。今の充実した環境を作ってくださる母親、友人、先生方への感謝を忘れずに、残りの大学生活を有意義なものにしていきたいと考えています。そして、今回、採用していただいた皆様のご厚情に感謝申し上げます。

大学 生活環境学部 生活環境学科 4年
 この度は武庫川学院創立80周年記念特別奨学に採用頂き誠にありがとうございました。私は短期大学部から編入学をし、現在4回生になり、卒業に向けて卒業論文に勤しんでいます。卒業論文の題目は、「多様性を尊重した新しい学生服の提案」とし、昔から関心のあった学生服について理解を深めています。現在の学生服業界の大きな問題である“LGBT”のトランスジェンダーの生徒に向けた新しい学生服の提案を私なりに行っています。毎日、学校で制作に勤しみ、同じゼミの仲間と共に切磋琢磨しながら充実した日々を送っています。
 私が今このように充実した学生生活を送れているのはこの武庫川学院創立80周年記念特別奨学を学費に充てさせて頂いたからです。重ねて御礼申し上げます。皆様からのご厚意を忘れず卒業までの4カ月、全力で勉学に勤しみます。

大学 生活環境学部 食物栄養学科 2年
 この度は武庫川学院創立80周年記念特別奨学にてご支援頂き、本当にありがとうございました。
 私は、この制度を学費にあてることにより今までよりも、より多くの勉強時間をついやすことができました。もしも奨学金制度がなければ今のように思う存分学ぶことが難しかったと思います。
 私が通う学科では日々学び続けることがとても重要です。それは日々新しい知識が生まれ、今まで常識とされていたことが180度かわってしまうということがありえるからです。ですから、この支援を頂けたことに、本当に感謝いたします。これからも1回1回の授業を大切にしつつ、日々コツコツと勉強し続けたいと考えています。

大学 生活環境学部 食物栄養学科 2年
 この度は、奨学金のご支援をいただきまして誠に感謝しております。私は、家族の生活習慣病の改善や、スポーツに励む兄弟の食事サポートがしたいと考えたことをきっかけに、現在生活環境学部食物栄養学科で栄養学を学んでおります。大学卒業後は管理栄養士として、人々の健康を栄養面で支えることを目標としています。
 大学進学を目指す弟、妹もおりますので、家計に余裕がなく、授業以外の時間はアルバイトに充てることがほとんどでしたが、奨学金のご支援のおかげでその時間を勉学に充てることができています。更に、ボランティア活動やサークル活動などにも参加し、たくさんの人と関わることで広い視野を持つことができ、大変充実した学生生活を送らせていただいております。
 今後も立派な管理栄養士になることを目指して勉学に励むことはもちろん、周りの方々を大切にし、社会に貢献できる人になれるよう、一層の努力を行ってまいります。
 ご支援をいただきました全ての方々に心よりお礼申し上げます。

大学 生活環境学部 食物栄養学科 4年
 この度は「武庫川学院創立80周年記念特別奨学」に採用して頂き、誠に有難うございます。今回寄付してくださった奨学金は学費として使用させて頂きましたことを、ご報告致します。
 私は高校1年生の時から管理栄養士になりたいという夢があり、その夢を叶えるべく武庫川女子大学に入学しました。この想いは今も変わらず、1人でも多くの人々の健康に貢献できるような管理栄養士を目標に勉学に励んできました。しかし、一昨年父が亡くなったことで、このまま大学で勉強を続けていいのか、家族のためにも早く働いた方がいいのではないかと葛藤しました。その時に今回の奨学金のことを知り、家族の応援もあって4年間勉学に努めることができました。重ね重ね御礼申し上げます。
 来月の3月に迫る管理栄養士国家試験にあたり、より一層気を引き締め、寄付を頂いた皆様のお気持ちに応えられるよう、合格に向けて日々精進していく所存です。これからもこの素敵なあたたかいご支援で夢や目標のある学生を支援して頂けると大変幸甚に存じます。

大学 音楽学部 演奏学科 3年
 この度は武庫川学院創立80周年記念特別奨学金のご支援をいただきました方々に誠に感謝申し上げます。
 私は音楽学部に所属しており、音楽の学びを深めながら日々専攻楽器の上達に向けて努力をしております。
 また様々な知識を学ぶことで成長し、立派な社会人になれるよう、取り組んでおります。現在大学で学ぶことができているということに感謝し、奨学生として恥じることのないよう、一生懸命頑張ってまいります。
 将来社会に出て学生生活での学びを生かし、活躍していける自立した人材になれるよう、努力致します。
 ご支援いただいた方々のおかげで学生生活を送ることができているという気持ちを持ち、寄付してくださった全ての方々に心よりお礼申し上げます。

大学 薬学部 薬学科 2年
 この度は、武庫川学院創立80周年記念特別奨学生に採用していただき、誠にありがとうございます。
 私は薬剤師になりたいという夢を叶えるために薬学部に入学しました。1回生のときは化学や生物など基礎的な内容を主に学びましたが、2回生になって免疫学や薬理学など専門的な内容が加わり、勉学に忙しい日々を過ごしています。
 薬学部は6年制で多くの学費が必要ですが、私の家は三人兄弟の母子家庭で金銭的にあまり余裕がありません。奨学生として採用していただいたおかげでアルバイトに必要以上に時間を割くことなく大学に通えています。また、同級生や先輩、後輩、先生方など多くの方々との関わりの中で私一人では学ぶことのできないことをたくさん学ぶことができ、ありがたく思っています。
 このように私が充実した大学生活を送ることができているのは支援をして下さる皆様のおかげです。これからも皆様への感謝の気持ちを忘れず、患者さんに寄り添うことのできる薬剤師になれるようさらに勉学に励みたいと思います。
 最後にもう一度お礼を申し上げます。ありがとうございます。

大学 薬学部 薬学科 4年
 この度は、武庫川学院創立80周年記念特別奨学の寄付、ありがとうございました。頂いた奨学金は、5年生で使用する教材代、定期代、その他学習にあたって必要な物に使わせていただきました。
 奨学金を頂き、より一層勉学にはげもうと思い、日々努力を怠ることなく過ごしました。前期の成績では、納得のいく結果を残すことができました。
 裕福でない家庭の学生にとって、この奨学金は大変有難く、今後も続いて欲しいと思います。この度はありがとうございました。

大学 薬学部 薬学科 5年
 この度は武庫川学院創立80周年記念特別奨学金に採用して頂きありがとうございます。この5年間、日々勉強に取り組んできました。1年生の頃の自分を見返せば、その頃とは比べものにならないくらいの知識量が身に付きました。今年度は実務実習を通して臨床薬剤師がどのように患者さんと関わり、どのような創意工夫をしているのかを学びました。自分からも積極的に患者さんと関わっていく事で、机上では学ぶ事のできない経験をさせて頂きました。
 また、5回生で開催される「MFWI留学プログラム」にも参加させて頂き、薬学だけでなく、語学についても学ぶことができました。これからグローバル化が進む中でこの経験は薬剤師としても、必要であったと考えます。
 これらの経験をさせて頂けたのは、この奨学金のおかげであると考えています。
 今後につきましてもご支援頂いた皆様への感謝及び「建学の精神」を忘れず、より一層勉学に励んでまいります。最後になりますが、武庫川学院創立80周年記念奨学金に携わる皆様に重ねてお礼申し上げます。ありがとうございました。

大学 薬学部 薬学科 6年
 この度は、武庫川学院創立80周年記念特別奨学金奨学生に採用していただき、誠にありがとうございます。
 私の夢は地域の方々に寄り添い、健康のサポートができる薬剤師になることです。今は、薬剤師国家試験合格に向けて日々学業に励んでいます。奨学生に採用されたことで、更に学業に対して意識が高まり、必ず薬剤師国家試験に合格するという気持ちが強まりました。
 奨学金のおかげで外部の予備校講義を受講することができ、不自由なく勉強することができています。その講義では講義の内容はもちろんのこと、他校の学生の勉強に対する姿勢を見て、刺激を受けたので受講できて本当によかったと感じています。薬剤師国家試験までの残り2ヶ月間、諦めず、気を抜くことなく、精一杯努力してまいります。
 最後になりますが、武庫川学院創立80周年記念特別奨学金に携わる皆様に重ねて、お礼申し上げます。ご支援いただいた皆様に、社会貢献を通して恩返ししていきます。 ありがとうございました。

短期大学部 英語キャリア・コミュニケーション学科 2年
 この度は、武庫川学院創立80周年記念特別奨学を受けさせていただき、誠にありがとうございます。私は将来、ホテルスタッフになる、という夢を叶えるため、勉強しています。現在は、英語はもちろんのこと、ツーリズム論やホスピタリティ実務を学び、理想のホテルスタッフになれるように頑張っています。
 私の家は、母子家庭で、お金に全く余裕がありません。しかし、この武庫川学院創立80周年記念特別奨学のおかげで、自分のやりたいことに全力で取り組むことができています。
 私はこれからも努力を続け、社会で活躍する人材になり、応援・支援をしていただいたみなさまに、お礼をさせて頂きたいと考えています。最後になりますが、武庫川学院創立80周年記念特別奨学に携わる皆様に重ねてお礼を申し上げます。ありがとうございました。


2 ⃣ 附属中学校・高等学校

中学3年
 この度は武庫川学院創立80周年記念特別奨学生に採用していただきありがとうございました。
 これから高校に進学し、勉強が難しくなると思いますが、得意な分野はよりのばせるように、また苦手をなくせるように勉強に励みます。将来自分の納得のできる進路に進めるよう、勉強とともに部活も両立して頑張ります。
最後になりましたがご支援をくださったすべての方々にお礼申し上げます。

高校1年
 この度は、武庫川学院創立80周年記念特別奨学生に採用いただきまして誠にありがとうございます。名誉ある武庫川学院が80周年を迎えられましたこと、そしてその記念の奨学生に選んでいただきましたことを心から嬉しく思っております。奨学生の名に恥じないよう、努力と精進を続けて参りたいと思います。
 私は今、SEコースに在籍しており、英会話の習得はもちろん、英語を通じて欧米の文化や文学を幅広く学びたいと思っています。家庭の経済状況が悪化し、多くのことを諦めざるを得ない環境になってしまいましたが、奨学金のご支援がとても心強く感じております。これからも努力と挑戦を続けていきたいと思います。
 最後になりましたが、ご支援を下さったすべての方々に心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

高校1年
 この度は、武庫川学院創立80周年記念特別奨学金に採用していただき、誠にありがとうございます。
 私は、この武庫川学院で学んだことを最大限に活かして沢山の人の役に立てるような人になりたいと思っております。そして、このグローバル化している世界の中でも日本の文化をもっと広げられるように英語だけでなくその他言語を学んだり、私にできること、夢中になって出来ることを見つけ私の視野を広げられるようにこれからも頑張っていきたいと思います。
 この奨学金は、私の学生生活の上で大きな支えとなります。また、このありがたみを胸に刻みながらこれからも勉強と部活動に励みたいと思います。
 学生として在学中は何かとお世話になると思いますが、今後ともよろしくお願い申しあげます。

高校1年
 本年度、武庫川学院創立80周年という記念すべきときに在籍する幸運に恵まれ、さらに武庫川学院創立80周年記念特別奨学生に選んでいただいたことに感謝申し上げます。おかげさまで、勉学とともに部活動にも全力で取り組むことができています。
 私は将来、日本や世界に貢献できる仕事に就きたいと考えております。現在、日本においても、世界においても地球環境問題、女性問題など私たちに密接に関係している社会問題が起きています。このようなことに携わることができるグローバル的思考、能力を身に付けられるように、毎日の勉学に励んでいきます。また、奨学生という名に恥じぬよう、生活面においても素敵な女性となれるように努力してまいります。
 そして、日頃からご支援くださっている先生方や両親への感謝の気持ちを忘れずに毎日精進してまいります。

高校2年
 この度は、武庫川学院創立80周年記念特別奨学生に採用していただき本当にありがとうございます。
 私は、この2年間の学校生活で模擬国連、ボランティア活動、短期交換留学、体育大会でのダンス委員長など様々なことに挑戦しております。私は、高校1年生の時に参加したフィリピンでのボランティア活動で発展途上国の現状やフィリピンの文化を知り、東南アジアに対して興味を持ち、現在とても勢いのある東南アジアを様々な角度から学びたいと思うようになりました。
 また、昨年参加させていただいた短期交換留学をきっかけに今後、海外で学びたいと思うようになりました。
 これらを実現するために高校生活最後の1年勉学に励むとともに、何事にも積極的に挑戦していきたいと思っております。
 最後になりますが、奨学生として採用していただいたことを誇りに思い精進してまいります。この度は本当にありがとうございます。

高校2年
 この度は、武庫川学院創立80周年記念特別奨学生に採用して頂き、ありがとうございます。
 私は、今年度から理系選択をした事で、新しい事を多く学び、楽しいと思う反面、苦労する事も多くありますが、理系分野はもちろん、文系分野の勉強も怠らず、進路実現に向けてより一層、勉学に励んでいきたいと思います。
 私には将来の夢がなく、希望する進路がまだ具体的に定まっていないのですが今、私にできる事はひたすら学業に専念する事だと思うので、支援してくださった方々への恩返しができるよう、感謝の気持ちを忘れず、これからも努力を積み重ねていきます。

高校2年
 この度は武庫川学院創立80周年記念特別奨学に採用していただき誠にありがとうございます。
 高校二年生から自然科学コースを選択し、部活動と両立しながら日々勉学に励んでいます。両立していく事は厳しい時もありますが、どちらも同等に精一杯取り組んでいきます。
 将来は、看護や薬学系の医療に携わる勉強をし、人の役に立つようなやりがいのある仕事につきたいと思っています。また、国際化の社会に対応出来るよう、語学研修に行く事や、ボランティア活動にも参加したいと考えており、英語の勉強も進めています。
 皆様の温かいご支援に応えられるよう、より一層勉学に励み、社会に貢献できる自立した女性になれますよう精進したいと思います。最後になりましたが、ご支援くださった全ての方々に心よりお礼申し上げます。

高校3年
 この度は武庫川学院創立80周年記念特別奨学生に採用して頂きありがとうございました。卒業生をはじめ各種団体の支援して下さった皆様方には心より感謝致します。
 高校での三年間は、SEコースに在籍しました。そこでは、日本に留学に来た生徒との交流や、アイルランドへの短期留学など、多様な英語学習プログラムに参加させて頂きました。それらの経験をすることにより、視野が広まり、将来は海外で、私の目標とする医療に従事したいと思っています。その夢への第一歩として、卒業後は語学を身に付けるために海外留学をする予定です。この度頂いた奨学金は、それらの事に役立てたいと思います。卒業まで残り少なくなりましたが、最後まで有意義な学生生活を送りたいと思います。
 皆様の御厚意と期待を無駄にすることがないよう、これからも頑張っていきたいと思います。最後にもう一度心よりお礼申し上げます。

高校3年
 この度は、武庫川学院創立80周年記念特別奨学金の奨学生に採用していただき、誠にありがとうございます。
 私の家庭は、母子家庭で生活費もままならない為、学費や勉学資金の工面が大変厳しい状況にあります。そんな中で、この特別奨学生に選んでいただけること、非常にありがたく、感謝で胸がいっぱいです。この奨学金のおかげで自分のやりたいことや、将来の夢に向かって、全力で取り組むことができています。採用していただいたこと、心より重ねてお礼申し上げます。
 私は、この奨学生としてふさわしい行動をし、武庫川学院をひっぱっていける、社会で活躍できる人材になることが、支援して下さった方々への恩返しになると考えています。この決意と感謝の気持ちを胸に、これからも努力し、全力で勉学に取り組んでいきます。